トウザイミ

超新潟論 こんな感じだなあ

夏休み

目を見開くのも苦労するほどの太陽。

セミの声がそこら中から聞こえてくる。

扇風機の風が心地よく、風鈴の音がそれを一層感じさせてくれる。

お陰で汗は少しひいた。

が、冷蔵庫から出してしばらくしたコーラが汗をかいている。

入れた氷もあっという間に小さくなってしまった。

さてこれからどうしよう。

切られたスイカも食べ終わり、また活動にはげむか。

もう2時間もすれば太陽が真上にくる、まだまだ今日は始まったばかり。

 

 

というのは妄想で、今は夏でもない。

自力で夏を感じようとしたのでした。めでたしめでたし。

 

ところで、バイパス下での思い出はありますか?

コメントにて教えてください。